03-6280-4009

営業時間:平日:9:30~18:00

100歳の長寿と酵素の関係性

プレゼンテーション1

酵素は、今スポーツ界でも注目を集めており、テニスの世界ランキング1位のジョコビッチもエネルギーが出ることと、怪我を早く完治するために酵素を摂取しているそうです。また、2014年のソチオリンピックで、酵素ジュースを飲んでいる選手は33個のメダルを獲得しておりスポーツ界でも注目されています。(金メダル11個、銀メダル14個、銅メダル8個)

tennis-335385_1920

更に、1991年にアメリカでは、当時食生活の乱れが激しかったので、「5 A DAY(ファイブ・ア・デイ)」キャンペーンというが行われ、がん予防、食生活の改善を目的に「一日に350g以上の野菜と200g以上の果物」を摂ることが勧められてました。野菜、果物には、酵素がたくさん含まれています。これ以降、ガンの死亡率も下がっています。

fruit-1095331_1920

そもそも、酵素が注目されるようになったきっかけは、1990年代アメリカのサプリメントブームでした。当時アメリカで数千万人と言われる人が、なんとなく体がだるい、胃もたれ、ゲップ、便秘、頭痛などのはっきり原因がわからない不定愁訴という症状に悩まされており、酵素サプリメントを服用することで改善されていきました。それをきっかけに、体の中に酵素を補えば、免疫力が向上し、様々な病気改善することが認識され、徐々に「酵素」が広がっていきました。

capsule-1079838_1920
→アメリカのサプリメントブームで酵素が広がった

そもそも酵素とは!?

体の中では、様々な化学反応が起きています。食べた食物を消化するのも、それからエネルギーを生み出すのものすべて、生化学反応で、この反応なしには、どんな生物にも生きられないです。そして、この反応の仲立ちをするのが「酵素」になります。

身近な例で言えば、歩くこと、話すことにも酵素は使われています。また、消化不良は消化酵素の不足で起きるし、ホルモンの異常もホルモンの生成に関与する酵素のトラブルでおきます。つまり、人間の反応すべてに酵素が使われています。

fire-1337459_1920
→ 酵素は、媒介の役割をします。炭に直接火をつけても、燃えませんが、結びつける「着火剤」があってこそ炭に火が付きます。酵素はその着火剤の役割をします。動いたり、頭を働かせたりすることも酵素が媒介になって働いています。

 

酵素は、媒介の役割をしますが、その媒介の役割ができなかった時(酵素がなくなった時)は「人の死」を表します。酵素は、体のすべての作用に関わってきますので、非常に体において重要な役割になります。酵素が不足すると、体がだるい、胃もたれ、眠れない、手足が冷える、肩こりが辛いなどの症状が起こります。酵素不足として、大きな要因は①食べ過ぎ、②生の野菜など食べず加熱しているものばかり食べている、③夜型や飲み過ぎです。

buffet-192203_1920
→ 食べ過ぎで酵素が不足しており、様々な症状が起こる

食生活によって寿命も左右される

体内にある酵素は、食べ過ぎによって、消化に大量に使われると、寿命にも影響してきます。かつて、100歳まで生きる人が沢山おり、三大長寿の都市と言われた、「パキスタン北部フンザ」「旧ソ連カフカス」「エクアドル南部ビルカバンバ」という地域がありました。その地域の1つであるビルカバンバの食事の内容を見てみると、野菜をたくさん食ベており、ミネラルと酸素が豊富な水や、脂肪と塩分の少ない食事をとっていました。専門家によるとその食生活が長寿に影響していると考えられています。その3つの地域の長寿は明確な根拠はありませんが、共通点は粗食だったことです。

woman-1031000_1920

また、平均寿命が52歳と短いオーストラリアの原住民族アボリジニは、欧米人に土地を取り上げられてから、小麦粉、砂糖、ラード、塩を与えられ、食生活が悪く、平均寿命が低くなったと言われています。

cereal-898073_1920
→食生活によって寿命も左右される

その食べ物を消化をするのにどれくらいのパワーがいるかご存知でしょうか。3食消化するのに、1600kcalが必要と言われています。その1600kcalを消費するのは、26キロ走ることにも匹敵します。思っているよりも消化にパワーを使っているということです。

marathon-1293529_1920
→3食の消化には、26キロ走るほどの体力を使う。

また、酵素は、大きく「消化」と「代謝」に使われます。代謝といっても範囲は広く、新陳代謝を上げることはもちろんですが、老化を防ぐことも、ホルモンバランスを整えることも、免疫力を上げることも、髪の毛の色を黒くするメラニン色素を作り出すことも酵素を代謝に使うことでその作用が行われます。下記は、健康な人と不健康な人の酵素を使う割合です。健康な人な人は、外からも酵素を摂り、食べ過ぎず酵素を節約しているので、代謝の割合が高いです。しかし、食べ過ぎている人はもちろん消化の割合が高いです。代謝に多くの酵素を使ってこそ健康になります。

プレゼンテーション1

→健康な人ほど酵素を代謝に使っている

まとめ

酵素は、人間が生きる上で非常に大事な栄養素です。酵素を大切に使ってこそ、健康に生きられます。食べすぎは、それだけ酵素を消化のために、酵素不足を引き起こし、様々な不調の原因になります。ファスティングなどで酵素を消化ではなく「代謝」に使うことで体力も温存できますので、疲れた時にこそ食べずに休むことをやってみてください。

参考文献  医者も知らない酵素の力 E・ハウエル P220 、健康の決め手は「酵素」にあった 鶴見隆史 P54 、薬のいらない体は、酵素がつくる。鶴見隆史 P62

関連記事はこちら
100歳の長寿と酵素の関係性
塩じゃない。高血圧の本当の原因
少食の威力と食事との向き合い方
食べ過ぎは良くない!正岡子規を通して考える食事の量について
フルーツは太る!?抗癌作用も期待されるフルーツの秘密
代謝アップ、歩くことによる7つの効果
牛乳に潜む危険性とその理由
生野菜の冷えが体に悪くない理由と体を冷やさいない方法

SNSでもご購読できます。

鶴見医師の講演会を聞きませんか?

第4回森愛club講演会「真実の医療」