03-6280-4009

営業時間:平日:9:30~18:00

腸内環境を整える「乳酸菌」を上手に取る食品とは!?

プレゼンテーションf
空腹で、健康に!
「たくさん、食べないと力が出ないよ!食べてこそ元気になるんだ!だから、お肉もご飯もたくさん食べないと。」と思いの方に「空腹こそ、健康への一歩」という内容を鶴見式酵素医療を提唱する鶴見医師と一緒にお伝えします。

空腹になること(断食)で健康のポイントや効果について連載を始めています。8回目となる今回の記事では、腸内環境を整える「乳酸菌」の食品に関してご紹介します。以前の連載の記事については下記の記事でも解説しています。併せてご覧ください!
腸内環境チェック!腸内環境の調子が良い時の便(うんこ)の状態とは!?
プチ断食のやり方!簡単6撰!
ファスティング後、効果が続く回復食とは!?
ファスティング中の便秘、好転反応、体調不調の解消法について

乳酸菌を摂ることの効果

酵素たっぷりの生野菜に果物、そして食物繊維をしっかり摂るため煮野菜などの温野菜に、加えてしっかり摂りたいのが「乳酸菌」を含んだ食べ物です。

乳酸菌には、腸内のあらゆる病気を引き起こす悪玉菌を倒す善玉菌の増やす効果があります。善玉菌を増やすことで、便通が良くなり、免疫力もアップするので、風邪などもひきにくくなります。また、発がん性物質を追い出す効果やアレルギー症状の改善にも役立つので、体調が良くなっていくのがわかると思います。

そんな体に良い乳酸菌を上手に取る方法をお伝えします。

1,ぬか漬け

085f92979e5e888792f7a04c9139836d_s

発酵した乳酸菌だけでなく、酵母菌、酪酸菌などが活発に増殖しており、体の中に良い菌が一度にたくさん取れます。これらの菌には、ビタミンやさまざまな抗酸化物質を生産し、つけている野菜の中に浸透させていきます。そのため、野菜のミネラルやビタミンの含有量が増えます。ぬか漬け以外には、こうじ漬けが良いです。

味噌漬けや醤油漬けも発酵食品ではありますが、味噌やしょうゆの発酵食品につけているだけで野菜自体を発酵させているわけではないので、多少効果は弱まります。

2,納豆

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

ナットウキナーゼという酵素が含まれており、この酵素は、血栓予防効果が高く、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも役立ちます。納豆のネバネバと酵素の量は比例して多くなるので、食べるときはよくかき混ぜましょう。

更に納豆には、リゾチームという病原菌溶解酵素も多々含まれています。卵巣にもリゾチームは含まれていますが、納豆の方に含まれる量の方が多いです。

3,石孫味噌

20160601035104

明治16年(1883年)から、大正5年(1916年)までに建てた6つの蔵が、すべて平成10年(1998年)に文化庁指定登録有形文化財として登録されている蔵でつくっている味噌と醤油です。100年以上立つ酵母が発酵力を高め、生きたまま腸で届く味噌です。

また、秋田のキレイな水で作られたお米と大豆を使っており、主力商品の雪見倉は、大豆の3倍の米麹をつかっていて、低塩です。48度以上で酵素が死んでしまうため、直接お野菜と食べても良いですし、味噌汁に入れる場合は、具を似て48度以下に冷めてから味噌と混ぜると良いでしょう。

石孫味噌はこちら

下記石孫味噌さんより

正真正銘、手造りです。
   
  仕込みに使う蔵はそれぞれ独立した姿で並んでいるため、樽に仕込む作業、樽から移す作業は必然的に人の手が中心になります。醤油も味噌も、蔵の中に鎮座する30石もの巨大な木樽がいっぱいになるまで、蔵人が担いで何度も何度も往復します。傍目には効率の悪い作業に見えるかもしれません。しかし、これが幸いにも米や大豆、小麦の状態をいつでも肌で感じながら作業を進めることになり、伝統製法を守る大きな要因になっているのです。私たちの造り出す製品は「生き物」であると考えております。「生き物」は最先端の機械をもってしても制御できないことがあります。自然の力を借りながらも蔵人が五感を研ぎ澄まし、惜しみなく手をかけて造り出す…。だから、石孫では胸を張って『手造り』と言えるのです。

まとめ

乳酸菌といえば、ヨーグルト(動物性乳酸菌)などがぱっと思い浮かぶと思うのですが、ヨーグルトに含まれるのは、「動物性乳酸菌」で、いや腸などを通過しているうちに、かなりの量の乳酸菌が胃酸で死んでしまいます。なので、生きたまま腸に直接届く植物性乳酸菌を含む食品を紹介しました。

ぜひ、善玉菌だらけの生活を送ってください!

 

 

SNSでもご購読できます。